Inoreaderの有料会員になった

2019/03/22 12:43:17

RSSはいまだ必須の機能のように感じている。タイムリーなスポット情報はtwitterが適切だけど未読のママタイムランが流れてしまうし情報内容が端的に過ぎる。個人ブログや情報サイトの情報ならばそういうことはない

スポンサーリンク

RSSリーダーの変遷

過去、忘れてしまったサービスを含め、Flipboardやらgoogleやらlivedoorやらfeedlyやら使ってけれど、相次いで使えなくなってきてしまい結局inoreaderに流れてきたのが2018年末だった。Androidアプリも長らくgReader Proを使ってきたがこれも試行錯誤しながらinoreaderにようやく慣れてきたところだった

最近、サービスのプランが変更され、無料会員なら購読数150までの制限が出たようだ。私はその時点で400を越えていたのだけれど、その分は既得権ということで使い続けていられるらしい。しかし新規の登録はできなくなった

Supporterプランに移行

Slackで代用するテストもしてみたけど使い勝手が悪い。このためinoreaderを強化し、500まで登録が可能なSupporterプランに変更し、19.99USDを支払った。エポスのプリペイドカードで払ったら2019/03/09のエントリで2268円となった。為替は113.46円くらいだ。1年後に自動更新になっているらしい

なお当初アプリからの課金をやろうとするとProかなにか、もっと高位のプランしか出てこなかった記憶がある。PCからブラウザ経由で契約を行うことでSupporterプランが出てきた。そもそも一般的な情報でinoreaderのプランのリストがなかなか出てこない

実際400以上の講読の中には休眠している講読もかなり多そうなので、その辺を整理しながら利用していきたい。当面は500なら何もしなくてもまだ100弱は空きがあるのでいいだろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました